低いか高いか見極めよう

優勝を目指す野球ライフ > 金融 > 低いか高いか見極めよう

低いか高いか見極めよう

初めて仕かける時という場面ではまずは下調べをおろそかにしてはいけません。

売買を行う前であるならば出来事を合理的に観察する事ができるゆとりがあります。

 

しかし、一度市場の内部に入ってしまうと、捉え方が独りよがりになり肝心な時に適切な判断を下せなくなる不安があります。

 

だから己の頭の中が客観的な状況で、正しく準備が大切なのだ。

 

"事前準備"とは、あなただけのシナリオを書くことから行います。

 

明日からの為替相場は上がる(または下がる)からこの外貨をエントリーするというふうに自分で考えた脚本を書いていきます。

 

その次はチャートをチェックしよう。

 

今までの相場の上げ下げを見定めて今現在の相場を確かめます。

 

そうすれば、「現在は過度に低すぎる段階にある」など、または「もうすでに多くの方がエントリーしているからこれから遅れて取引しても今はもう手遅れだな」などと見えてきます。

 

当然ですがもはやしかけるのが手遅れだなと思ったら手を出さないで、その場面ではきっぱりとあきらめることか不可欠です。

 

どう工夫しても自身の物語を妥協しないで、無理やりトレードすると市場に押し返されてしまい為替差損を受けることになりかねない。

 

ただしかなりの状況で緻密な自身の物語を思い描いていくと、売買が遅いなというケースにはなることはありません。

 

おそらく、本格的に外国為替相場が上下動する前の状況のはずだからです。

 

次は、差し当たりあなたが取引しようと検討している外貨ポジションの変化を注意深く調べる事が重要です。

 

もし、ドル高になるという物語を作ったのであればドル円の推移に用心しておきます。

 

マーケットの上げ下げを注視し始めたときではまだその通貨は誰の眼にも明らかに推移する気配を見せることなく上がったり下がったりちょっとした変動をしているだけでしょう。

 

しかしながら、その変動をじっくりとチェックしていると、ある状況でドル高の方向へと変化し始めます。

 

このタイミングでようやくドルの取引します。

 

これだけ慎重に準偏をすれば、その取引で利益を上げる確率は結構高まるはずだ。

 



関連記事

  1. 自己破産を防ぐには計画的な利用が大切
  2. 低いか高いか見極めよう
  3. テスト