まさかの事態に備えて

優勝を目指す野球ライフ > 暮らし > まさかの事態に備えて

まさかの事態に備えて

民事再生という選択肢は住宅ローンなどを含む複数ある債務に悩む利用者をターゲットとして、住んでいる家を維持しつつ経済面で立ち直るために借金整理の手段として適用されるようになった解決方法です。

 

民事再生制度には、破産宣告と違って免責不許可となる要件がありませんので、競馬などで債務がふくらんだのであっても問題ないですし、破産手続きをすれば業務が行えなくなる可能性がある資格で仕事をしているような人でも制度の利用ができます。

 

破産の場合は住んでいる家を保有したままにすることは不可能ですし、任意整理と特定調停では、返済していかなければなりませんので住宅ローン等も支払いながら返していくことは現実問題として簡単ではないと思われます。

 

といっても、民事再生という手順を取れれば住宅のためのローン以外の負債は少なくないものをカットすることもできますので、余裕を持ちながら住宅ローンなどを返しながら残りの債務を支払っていくこともできるといえます。

 

民事再生という手段は任意整理による手続きや特定調停といった方法とは違いある部分のみの負債を切り取って手続きしていくことは考えられませんし、破産手続きのように借金そのものが消えてしまうわけでもありません。

 

これ以外の解決手順と比較して手続きの手順がこみいっていて手間もかかりますので、住宅のためのローンがあってマイホームを手放したくないような時を除外して破産等その他の解決策がない際の限定的な手段として考えていた方がいいでしょう。

 



関連記事

  1. まさかの事態に備えて
  2. わきがに良いリフレアという制汗剤
  3. テスト